WindowsでSikuli Scriptを使ってみる!

  • 2013.02.12 Tuesday
  • 13:35
GUIでいろいろゴニョゴニョできてしまうSikuliスクリプトを、Windowsで使用してみた際の備忘録です。
自マシンはWindows8(64bit)です。

■Sikuli Scriptをダウンロード!


Sikuli本サイトはコチラ



Sikuliダウンロードはコチラ

ここで「Sikuli-X-1.0rc3 (r905)-win32.exe」と「Sikuli X r930」(2013.02.12現在)をダウンロードします。






■JRE32bit版をインストール

SikuliはJava6しかサポートしておらず、Java7と64bit版はサポート外との事。
自マシンは64bitですが、とりあえず進めます。
ここからWindows32bit版をダウンロードして、インストール。

また既にJava7がインストール済みの方、この項目を飛ばしてもらってもよいかもしれません。
bat経由でSikuli起動できる場合があるそうです。
(すみません未検証)




■Sikuliのインストール

ダウンロードした「Sikuli-X-1.0rc3 (r905)-win32.exe」を起動し、インストール






インストール指定したPATHに「Sikuli X」フォルダが生成されていることを確認。


■Sikuliのバグフィックス適応


このままSikuliを起動させても、いくつかバグがあるという事なので、バグフィックスを適応させる必要があります。
最初にダウンロードしていた「sikuli-r930-win32.zip」を展開します。


ここで「Sikuli-IDE」フォルダの中身がバグフィックスされたexeとなります。
これらをSikuliをインストールした「Sikuli X」フォルダに上書きします。


■Sikuliの起動


Windows64bit版の場合は、「Sikuli-IDE.exe」から起動するのではなく、「Sikuli-IDE-w.bat」から起動する必要があるとのことです。
その為、「Sikuli X」フォルダから「Sikuli-IDE-w.bat」を起動します。



■Sikuliを使ってみる


簡単にBingで「Sikuli」を検索してみたいと思います。
下記がそのSikuliサンプル


これを実行すると、無事Bingで「Sikuli」を検索した結果画面が表示されました。
これは便利♪



スポンサーサイト

  • 2017.11.25 Saturday
  • 13:35
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック