第4回大阪Jenkins勉強会に参加してきました

  • 2012.12.28 Friday
  • 18:25
2012/12/21(金)第4回大阪Jenkins勉強会に参加してきました。
 

■自ら肥え太る執事を現場に入れてみた


@kazuhito_mさんによる、Jenkinsが自動的にプロジェクトを追加していくという黒魔術手法の紹介でした。
  • 元となるひな形のJenkinsプロジェクトを用意しておく
  • SVNにソース(パッケージ?)追加されたか、監視するJenkinsを用意しておく
  • SVNに新規ソース(パッケージ?)が追加されると、ひな形を元に新しいJenkinsプロジェクトを作成する
  • あとは、ソース追加毎にどんどんJenkinsが増えていく

Jenkins自体は仮想PC上で動作させているそうです。
そうすることで、簡易にJenkins環境を移植・増築できるそうです。
いまは1仮想PCにJenkinsが1つという形で運用されているそうです。



■継続的デリバリー翻訳について

  • スピーカーは翻訳者のお一人である高木さん(@takagi)
  • PHPのオンラインマニュアルの翻訳
  • 継続的デリバリーよりも実践テスト駆動開発のほうが先に翻訳
  • (発売は継続的デリバリーが先)
  • 継続的は和智さんに最初お声が掛かり、そこから高木さんに話が行った
  • 継続は400ページなので、二人で1日1ページ翻訳すれば、半年ぐらいで終わる予想だった
  • 時間が少ないので、読みながら翻訳を進めていた
  • 1日5~6ページ進むこともあった
  • 池田→京都への通勤1.5時間の間に、原書を読んでいた
  • 半年やそこらで増刷となりました


■翻訳の進め方
  • GitにファイルをUpして管理(private)
  • 独自フォーマットに書き込んでいった
  • 編集がPDF(?)に変換してドロップボックスに投函
  • 関係各位がドロップボックスからレビュー
  • 今回は原書の図元データをもらったので、翻訳者で日本語化出来た


■Q&A
  • Q.心がおれそうなときは?
  • A.折れます
  • Q.洋書を読むコツは?
  • A.数をこなすしかない